台紙を選んでより可愛く

実際に電報を使うとなると、NTTかKDDIのホームページから利用の申し込みを行うことになります。両者共にフラワー電報のサービスを取り扱っており、お花や台紙のラインナップも豊富になっています。価格はそれぞれのお花によって異なり、前記の通り様々です。ホームページの申し込みフォームからご自身のお名前とご住所、贈り先の方のお名前とご住所を記載して申し込んでください。

また、正確には電報ではないものの、電報と同じように短いメッセージとお花をセットで販売している業者も多数あります。こちらの場合も同様にフラワー電報のサービスを購入する形になり、ホームページから利用の申し込みを行うことが可能です。ホームページ上からお好みのお花を選んで、贈り先を指定、ご自身のお名前を記載して申し込んでください。サービスの質における両者の違いはほとんどなく、実際に電信を用いて電報を使っているかどうかという点のみが異なります。メッセージを台紙に書いてお花を添えて贈るというサービス自体には変わりはありませんので、安心して民間業者のフラワー電報サービスを利用できるといえます。どちらを選ぶかは、好みや予算に応じて決めると良いでしょう。

値段のお手頃さも魅力

フラワー電報の魅力はお手頃な価格でもしっかりと形として残せるという点にあります。価格帯はピンからキリまであり、高いものだと1万円を超えるフラワー電報もありますが、そこまで高くはないお手頃な3000円から5000円程のフラワー電報もありますのでご安心ください。価格の決め手になるのはお花の豪華さで、高級なお花や、お花の量を多くしてより豪華にするとなると費用もかかってしまいますので要注意です。低価格帯のフラワー電報でも充分クオリティの高いプリザーブドフラワーもあり、好みに合わせてお花を選ぶことが可能になっています

ギフトとしてお花を選ぶのであれば、やはり気になるのが花言葉でしょう。卒業のお祝いにちなんで、成長してくれた喜びや感謝の気持ちも一緒に贈るお花に込めれば、より小粋になりおすすめです。メッセージについては一言だけ添えることも、反対にお手紙のように長い言葉を添えることも可能です。また、メッセージを記す台紙についても可愛いものや綺麗なものを選べるようになっているなど、自由度も高く、1つの作品のように自分でアレンジできてしまうのもフラワー電報の魅力です。皆さんもぜひオリジナリティ溢れるフラワー電報を贈ってみてください。

卒業祝いにフラワー電報はいかが?

春は出会いと別れの季節。学生にとっては新たな生活への期待と不安が入り混じった季節かもしれません。学校を卒業できることは一方では悲しいことでもありますが、もう一方ではお祝いすべき事柄でもありますので、悲しむ必要はありません。さて、親類に卒業を迎えた人がいた時には、何かお祝いの言葉や品を贈るのが通例となっていますが、皆さんはどのようなギフトを贈ろうかとお考えでしょうか。せっかくのお祝いなのだから美味しい食事をごちそうしたり、ご祝儀を渡したりする方もいるかもしれません。なかには何を贈ろうかと困っている方もいるのではないでしょうか。そんなお困りの方におすすめなのが、フラワー電報です。

フラワー電報とは、電報と一緒にお花をプレゼントするというサービスになっています。電報はすっかりと馴染みが薄れてしまいましたが、まだまだ根強く生き残っているサービスで、卒業祝いはもちろん、その他にも結婚式や出産祝いなどのお祝い事や、お葬式の際のお悔やみなどに用いられています。手紙のように長文ではなく、短いメッセージを贈るのは味があって良いものであるため、お祝いの際にはぜひ活用してみてください。

当サイトではフラワー電報の魅力と価格、利用方法などについて紹介いたします。お祝いを何か物として残したいという方は、ぜひ参考にしてフラワー電報のサービスをご活用ください。物として残るメッセージは、後々になってきっと良い思い出になることでしょう。