台紙を選んでより可愛く

実際に電報を使うとなると、NTTかKDDIのホームページから利用の申し込みを行うことになります。両者共にフラワー電報のサービスを取り扱っており、お花や台紙のラインナップも豊富になっています。価格はそれぞれのお花によって異なり、前記の通り様々です。ホームページの申し込みフォームからご自身のお名前とご住所、贈り先の方のお名前とご住所を記載して申し込んでください。

また、正確には電報ではないものの、電報と同じように短いメッセージとお花をセットで販売している業者も多数あります。こちらの場合も同様にフラワー電報のサービスを購入する形になり、ホームページから利用の申し込みを行うことが可能です。ホームページ上からお好みのお花を選んで、贈り先を指定、ご自身のお名前を記載して申し込んでください。サービスの質における両者の違いはほとんどなく、実際に電信を用いて電報を使っているかどうかという点のみが異なります。メッセージを台紙に書いてお花を添えて贈るというサービス自体には変わりはありませんので、安心して民間業者のフラワー電報サービスを利用できるといえます。どちらを選ぶかは、好みや予算に応じて決めると良いでしょう。